「原由美子のきもの暦」

April 16, 2019

Media [Japan]

少し間が空いてしまいましたが、皆さまご機嫌いかがでしょうか。

本日は、久しぶりにじっくりと読み込んでしまった本についてご紹介いたします。「原由美子のきもの暦」、ROCIOのバッグにも少し関わりがある本でして…

こちらの本は、雑誌「フィガロジャポン」で連載されている「原由美子のきもの上手」をまとめたもの。以前、こちらの連載の中で、ROCIOのバッグを使っていただいたことがありました。原由美子さんご本人のご指名により。

原由美子のきもの上手 フィガロジャポン2016年12月号
※掲載されている商品は、Twiggy Clutch NaturalCoco Handbag (dark green)です。

以前から、原由美子さんのことは存じ上げておりました。女性の憧れ、オードリーヘップバーンにお会いされたことがあると何かの本で読んで以来、お名前が頭の中に残っていました。後に、雑誌「アンアン」の創刊に参加されていたことを知って、さらに興味を持ったことを覚えています。

私の個人的なお話になりますが、両親が用意してくれた振袖、結婚を機に母が用意してくれた訪問着や色無地のお着物、若かりし時にドレスよりも着物が似合うと言われて以来(当時は、それが悲しかったです…)、なるべくお着物を着るようにしてきました。

そして、最近になって、着るからには知識をもって着たいという気持ちを抱くようになり、お着物についての本を購入して読んでみたり、デパートの呉服売り場でお話を聞いてみたり、先日は京都の老舗呉服屋さんの展示会にも足を運んでみたり。そんな中で、こちらの本の存在を知り、前述した通りじっくり読み込んでしまったというわけです。

お着物には色々なルールがあり、帯揚げや帯締めなどの小物、お着物と帯の合わせ方などのコーディネートについて、また柄や模様の意味やお着物の格によるもの、挙げるときりがありません。

少しだけ知識がついたことで、その知識によって雁字搦めになってしまっていた私でしたが、「原由美子のきもの暦」を読んで、お着物って楽しいというシンプルな気持ちに立ち返ることができました。

ドレスよりも着物が似合うと言われて、大切な場面で半強制的にお着物を着ることになって、切なさを感じた思い出は今となっては笑い話、日本女性に生まれたからには日々の生活の中でお着物を着る機会を増やしたいと考えております。

今後、お着物とROCIOのバッグとのコーディネートも掲載できたら…気長にお待ちくださいませ。

パリ出張 vol.2

March 19, 2019

Media [Japan]

ROCIOディレクターの林です。

旅行、そして出張後は体調が崩れがちに…限られた時間の中でいつも以上に身も心も使って、無理をしてしまうからでしょうか。楽しいことを目一杯楽しむための身体作りを真剣に考えなければ…と思う、今日この頃です…

さて、肝心のパリ出張について、この時期、パリはファッションウィークの真っ只中でして、世界中からお洒落なファッション関係者やモデルさんが集まっています。

パリ在住の方がおっしゃるに、パリがより一層華やかになるのだそう!

街に出ると、カフェのテラスには、細い体に小さなお顔がちょこんとのった何頭身!?なプロポーションのモデルさんたちがランチをしていて、見とれてしまったり。お化粧をしていないお顔にはあどけなさが残っていて、イノセントな雰囲気がまた素敵で…

所謂、日本人が持つパリジェンヌのイメージの装いに身を包んだマダムとすれ違って、振り返って目で追ってしまったりも。マスキュリンなお洋服にハイブランドのジュエリーをさらっと身につけているのが、格好よかったです。

こんな風に、パリでの日々は忘れたくない場面に沢山遭遇します。

また、ROCIOのデザイナーとも長く時間を過ごすので、仕事だけではなくプライベートな会話もしました。

趣味について話してくれたのですが、彼(ROCIOのデザイナーは男性)はオペラやバレエの鑑賞が好きなのだそう。クラシカルなバッグをデザインする彼らしい趣味に、納得でした。

次回、私もオペラ・ガルニエで舞台鑑賞したいと思っているのですが…それはまだ先のことなので、ひとまず目の前のお仕事に邁進したいと思います。

以上で、パリ出張のJOURNALは終わりです。引き続き、ROCIO JOURNALをよろしくお願いいたします。

パリ出張 vol.1

March 13, 2019

Media [Japan]

ROCIOディレクターの林です。

先月から今月にかけて、10日間ほどフランスに行ってまいりました。
半分お仕事、半分…という旅行でした。

展示会では、ROICOのAW2019の商品を出展いたしまして、海外のお取り引き先の方々にもご挨拶させていただき、充実した日々を過ごすことができました。

お仕事の合間に、こんな場所にも立ち寄りました。

虎屋さん、です。パリ店があることを知って、予定に組み込んでおりました。

ROCIOのお仕事をするようになり、海外に赴くようになって、海外で働く日本人、海外の地にある日本のお店を目にすると、誇らしいような気持ちになります。あと、“頑張ってください!”という気持ちにも。

かつて、海外への興味が人並み以下だった私ですが…例えば、幼少期の家族旅行以外で海外に行くようになったのは最近のこと。大学の卒業旅行でも海外旅行には行きませんでした…

日本が好き(上京してすぐは、東京が好き)だからというのも理由の一つですが、マイペースと称される自分の性格によるところが大きいのかなと思ったりしております。

刺激的な反面、精神的に忙しいと感じる東京での日々ですが、コントロールする術を身につけた今はずいぶんと穏やかに過ごせています。

こんな風に大人になった今、私が旅行に求めるものは“感動”でしょうか。その感動の一つが、海外で働く日本人、海外の地にある日本のお店を目にすること、なのです。

さて、大部分が自分の話になってしまいましたが、次回もパリ出張のことを書く予定でおります。

引き続き、よろしくお願いいたします。

きものサロン(2019年春夏号)に、ROCIOのバッグが掲載されました

February 23, 2019

Media [Japan]

家庭画報特選きものサロン春夏号に、ROCIOのバッグが掲載されました。

まずは、桜の模様が華やかな訪問着に人間国宝北村武資氏の薄紅色の帯を。
そちらにRio Clutchのbrilliantwhiteを合わせて…
ROCIOのバッグのモダンな雰囲気で、軽やかな印象に。

続いて、花びらをちらした小紋に桜の枝を描いた染め帯を。
まるで帯の桜から花びらが舞っているようです。
こちらには、Josephine Shell Oval Clutchを合わせて…

ROCIOでは、和装にも合うバッグをご用意しております。
合わせるバッグによってすっきりとした印象に、また、より格式高い雰囲気にも仕上げられます。

紙面でも、ぜひご覧になってみてください。

「Tokyo Midtown SCENE」3月号に掲載されました

February 19, 2019

Media [Japan]

ここのところ暖かい毎日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

東京ミッドタウンの月間タブロイド紙「Tokyo Midtown SCENE」に、ROCIOのバッグが掲載されております。

イエローのスカートに白のフラットシューズ、Coco Handbagのdarkgreenを合わせて…

春の草花を思わせる色合わせに気分も華やぎます。

2月も半ば、暦の上で19日は雨水(うすい)に当たる日なんだとか。

雨水とは、空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味らしく、
まさにそんな一日となった本日ですが、きっとまた寒くなると思います…

皆様、春が待ち遠しい時期になりましたが、どうぞ暖かくされてお過ごしくださいませ。

「Tokyo Midtown SCENE」は、東京ミッドタウンの館内でお手にすることができます。

ニューショップのお知らせやイベントの情報など、充実の内容となっておりますので、ぜひご覧になってみてください。